鼻閉口に出して言えない」「恐急性虚血性脳卒中

高血圧や糖尿病の56歳の男を発見して、ある朝口に出して言えないを経て、運ば検査後発見罹患急性虚血性脳卒中を失語症、抑制薬を服用して血小板機能半年後、その左側に大動脈狭窄状況は悪化し、嘉義病院評価後、脳血管Wicreチームを頭蓋動脈ステント治療技術術の後、現在追跡状況は良好だ.

Pは、脳血管が狭いとPとPとして狭いと中国人十大死因の第三位、そして若い化の傾向があるという.そして一人の脳卒中の入院患者は毎日平均増加その家庭約よんしよ、ED 26おまえだった元のコストを占め、家庭の総収入の12%、一般家庭にとって重い負担をかけて.陈启仁嘉義病院院長、脳卒中約80%の虚血性、この80%の虚血性脳卒中では、頭蓋動脈狭窄症による、東方人の割合は3割、西洋人は1割と;逐次割合ツイ評価,鼻閉、台灣は毎年約1万名は頭蓋脳卒中で動脈狭窄症による.

Pは、映像検査PPは、脳動脈狭窄症は50歳以上の人、特に、タバコ、高血圧、高脂血、糖尿病と中風家族史がある人.陈启仁院長は、もし民衆があることを発見して、視野欠損や視力の短い一時肢体無力、言語困難であっても、しばらくして,依然として油断せず、直ちに病院まで映像をチェックし、評価があるかどうかは脳血管が狭くの状況.脳血管が狭い程度が70 %を超え、3カ月後には脳虚血症の症状や軽微中風者、ステント手術を行う必要があるが、現在では頭蓋専用ステントは自費である.

p頭蓋動脈ステント治療法でリスク

を治療するリスク<P>しかし,この患者は、血小板機能の薬物制御の病状を抑えて服用し、すべての人が治療に効果があるとしても効果があります、毎年中風で再び発生率は18 %に達します.を有効に下げ頭蓋の脳卒中危険動脈狭窄、嘉義病院脳血管Wicreチーム頭蓋動脈専用ステント治療技術を導入し、海外の臨床経験も実証して、この技術は頭蓋動脈ステントの手術のリスクを5%まで下がって.脳卒中で平均して、年間再発生率も6 . 1%まで下がって、患者の日常生活の能力よりもさらに薬物治療.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です