勃起不全の予防

勃起不全とは、男性性機能障害の一種で、EDとも言い、勃起が十分でないために満足な性行為が続けない状態をさします。

勃起は陰茎海綿体に血液が充満することで起こるので、動脈が硬化すると、勃起に必要な血液が海綿体に流れ込みにくくなり、勃起不全の原因となります。
悪い生活習慣は勃起不全を招きやすいと言われています。普通の生活の中でどうして勃起不全の発症を予防できますか?これから、いくつかの勃起不全の予防方法を紹介させていただきます。

食事習慣の改善で勃起不全を予防
(1)何よりも大切なのは、食べ過ぎないことです。腹八分目を心がけましょう。
(2)肉類には血管障害を起こしやすいコレステロールも多く含まれています。普段はなるべく肉の代わりに、魚や大豆製品を食べるようにしましょう。
(3)ビタミンやミネラル、食物繊維は、不足しがちな栄養素です。野菜や海藻、きのこ類などを積極的に摂り、バランスの良い食生活を心がけましょう。
(4)塩分の摂り過ぎは高血圧を招きます。塩分の摂りを厳しく控えることが必要です。インスタント食品や加工食品にも塩分がたくさん入っているので、注意してください。
(5)「夜食や間食は控えめにする」「しっかりよく噛んでゆっくり食べる」「規則正しい食生活にするなど」食べ方のスタイルを見直すことも大切です。

運動を持続する
ウォーキングという運動を通じて、腰から下の筋肉が鍛えられ、歩くことで血流の改善も行われます。また、出かけて歩くことは自身の気分転換にもなりますので、精神的なストレスを緩めたり、解消したりすることもできます。だから、毎日運動を持続することは勃起不全に予防の効果があります。

いい生活習慣をつける
喫煙者がEDになるリスクは非喫煙者の1.5~2.5倍で、1日に40本以上吸うへビースモーカーでは3倍以上に増えると言われていますから、タバコをやめた方がいいと思います。ほかには、睡眠不足の状態になってホルモンのバランスが崩れてきます。ホルモンバランスの乱れは、EDを引き起こす事があるとされています。だから、毎日充分な睡眠を取ることもとても大切です。